altを入れて下さい

性風俗の多様化、ソープとヘルス

風俗、と一言で表すことは簡単ですが、昨今ではその種別は多種多様に枝分かれしています。しかしただ一つ、大阪や京都などの風俗は性的サービスを提供する業種全般を指す言葉である、という意識が共通していると思われます。 性的サービスを提供する、とは言っても、客のどんな要望にも答えられるのか、と言えばもちろんそうではありません。日本においでは、風俗嬢との性行為、いわゆる本番行為は認められていません。しかし唯一ソープランドでは、女性と男性が同じ浴槽に入っているだけ、という名目のもと性行為を提供している店が多くあります。サービスに対してではなく、入浴したことに対して客はお金を払うのです。ソープとして認められていない店舗では、この方法で性行為をすることはできません。つまり、風俗業界の中でも、ソープランドだけは特別な存在と言えるのです。日本の特定の地域でしかソープランドの営業が認められていない、という点においても風俗の中では異質な業種と言えるでしょう。 その他の性風俗でメジャなものと言えば、やはりデリヘルでしょうか。デリヘルとはデリバリーヘルス、つまり出張型風俗の意味です。対する言葉として、お客が店舗に出向いてその店内で性的サービスを受けるハコヘル、客が指定されたラブホテルに入るホテヘル、などが挙げられます。いずれも提供するサービスはディープキス、フェラ、手コキ、シックスナインなどオーラルなものが基本ですが、オプション料金を支払うことによってマニアックなサービスを提供するヘルスも少なくありません。ただし前述した通り、本番行為を行うことは禁止されています。 このように利用する側のニーズに応えて、性風俗を提供する側も多様に進化してきました。しかしルールを守らない客も、法外な値段をふっかける違法業者も後を立ちません。利用する際には街角のキャッチなどに安易に惑わされず、しっかりと目当てを店舗とサービスを見極めることが大切です。