altを入れて下さい
お勧めしたい風俗情報サイト

お勧めしたい風俗情報サイト

風俗遊びをする時に重要になってくるのがお店選びですよね。 通い慣れたお店に出掛けるなら良いですが、他のお店を探す時にはある程度の情報が必要 だと思います。 ネットや雑誌、友達からの…

風俗の「M性感」について

風俗の「M性感」について

風俗の業種の中でもライトとハードの中間に位置しているともいうべきジャンルが「M性感」です。 女性に性的なことも含まれたマッサージを受けることができる「性感マッサージ」よりは過激であり、それ…

店長の風俗体験は驚きの話でした。

激安風俗をお探しなら十三エリアをおすすめします。十三ではほかでは考えられないような価格で風俗営業がされています。基本料金が安いため、普段は躊躇するオプションの利用を行えるのが十三の風俗の魅力でしょう。とにかく安い風俗を探している、もしくはオプション好きという方にとって十三風俗は最適なものとなるでしょう。十三での風俗利用はいつもお得な満足感で終えることが出来ます。

二十代の頃にアルバイトをしていたときにアルバイト先の店長から聞いた話なのですが、店長は無類の京都風俗好きでその地域の風俗は全部制覇したというくらいの京都の風俗常連客だったのです。
バイトの合間によく風俗での面白話をしてくれていたのですが、その中でも聞いていて本当に衝撃的だった話があるのです。
店長は行きつけのホテヘルが改装中だったので別の熟女専門のデリヘルの店に行ったらしいのです。
そのお店は行ったことはあったものの久しぶりに通ったらしくて在籍しているマダムの面子も大きく変わっていたらしいのです。
従業員のお薦めを指名してホテルで待っていたら店長は腰を抜かしたそうです。どういう事かというと指名したマダムが部屋に入ってくるとそのマダムが店長の元妻だったのです。
店長は元妻に対して何でこんな所にお前がと言ったらしいのですが元妻も動揺していたようで何を言っているか分からなかったそうです。
しかもデリヘルで働いている理由が顔の整形費用を稼ぐためだということで店長も驚いたそうです。
私は店長にその後のことが気になって聞いたのですが、ちゃっかり堪能したそうです。
久しぶりに元奥さんを抱いたことで昔の事を思い出してお互いに感じまくったそうでした。
何年経ってもお互いの性感帯は覚えているらしく、阿吽の呼吸だったらしいです。

  • 性風俗の多様化、ソープとヘルス

    風俗、と一言で表すことは簡単ですが、昨今ではその種別は多種多様に枝分かれしています。しかしただ一つ、大阪や京都などの風俗は性的サービスを提供する業種全般を…

  • 本番行為がだめならやめるべき

    いわゆる素股をしていて、本番行為に発展してほしいと思う気持ちはみんなあるでしょうが、あまりそれを実践しないほうが良さそうです。 実際のところ、本番行為を…

  • 寂しい時や癒してほしい時

    寂しい時や癒してほしい時に気軽に利用できるのが風俗やデリヘルです。 繁華街に行くと何分いくらとか看板が出ている所もあります。 昔であれば呼び込みという…

風俗とデリヘルどちらを選ぶ

旅先に行った時や妻との行為に飽きてしまった時、彼女との行為がめんどうになった時にとても役に立つのが風俗やデリヘルです。 私が特におすすめするのはデリヘルです。
大阪の風俗だと店に入る時にまわりの目が気になってしまったり時間帯も気になったりします。
また、近所に風俗がない場合わざわざ遠くの大阪の風俗がある地域まで行かなければなりません。
その点、デリヘルはホテルや自宅に呼ぶことができます。
わざわざ交通手段を乗り継いで行かなくてもいいのです。
まわりの目もきにならずにすみますし、ホテルだと妻や彼女に気づかれることもほとんどありません。
デリヘルにはたくさんの店がありどこの店を選ぶかも重要です。
旅先だと必ずコンビニに情報誌があり詳しく紹介されていたり、女の子の顔も出ていたりします。
そのため選びやすく料金などもわかりやすいです。
また、パソコンやスマホなど持っている場合にはインターネットで調べるのもいいと思います。
インターネットにもたくさん情報が出ていたりします。
ホテルを使用してのデリヘルだと店という感覚がないため変な緊張がありません。
時間は決められていますが、自分の好みの子だと延長もできますしプレイの内容も選べるのが嬉しいです。
デリヘルにも指名があるため気に入ったらまた指名することも可能です。
デリヘルが特に多いのが大阪の風俗の特徴です。激安から大衆、高級まで様々な人に遊んでもらえるようになっていますよ!
男遊びするのも割り切った大阪のミナミのホストとかの方がいいですよね。お勧めは大阪ミナミホスト!ここなら大阪のミナミのイケメンと遊べて割り切った関係で楽しめるので最高ですよ。